アウトドアを快適にするために

キャンプファイヤーをするために必要な道具とテクニック

投稿日:




キャンプファイヤーいいですよね、炎がぱちぱち、ゆらゆら。
見飽きません。
子供も大人も楽しめます。
キャンプファイヤーしましょうか。

あったらいいグッズ
・軍手
・火バサミ
・チャッカマン
・着火剤

まず周りや上に火が燃え移らない場所を選ぶ
テントの近くや木の下などは避ける。
マキや枯れ枝、松ぼっくりなどを燃やす。
小さければ小さいほどすぐに火が付くが、早く消費してしまう。 逆に大きすぎてもなかなか燃えない。
燃えやすい新聞紙や枯草などを中心に置き、その周りを少し大きめの枯れ枝や木の棒で囲み、さらにその周りをさらに大きいもので囲む
着火剤があれば楽だがなくてもOK
ライターよりチャッカマンのほうが火と手の距離が遠くなるので安全です。
最初はゆっくり燃やすことをイメージ。
枯れ枝や新聞紙に火がついても風ですぐに消えるため、少しづつ空気を入れて炎を大きくする。
マキや少し大きめの木に火がつけばあとは火の大きさを調整しながら空気をを送ったり木を足 したりしていけばいいです。
着火剤の継ぎ足しは危険!
すぐに引火して火傷します。
新聞紙や紙は少量でいい。
あまり多く燃やしてもすぐになくなる上、炎の上昇気流に乗って灰がそこら中に舞うので要注意。
火の後始末を忘れずに!
近くに火消し用の水を用意しておきましょう。
キャンプファイヤーしてもいいところでしましょう。




-アウトドアを快適にするために
-

Copyright© 軽キャンを自作して車中泊旅行をする , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.